もっと知りたい!  【αリポ酸】  
                               
α リポ酸商品ページへ サイトマップ

アルファリポ酸は健康・美容に優れた特性を持つ成分であり、サプリメント先進国であるアメリカではすでにダイエット、美容、健康に、多くのサプリメントに配合されています。アルファリポ酸は美しくありたい方、ダイエットをしている方、健康を心がけている方にオススメです

医薬品、アルファリポ酸が解禁
2004年6月までは医薬品だった「αリポ酸」が、一般のサプリメントに配合してよい成分になりました。
ビタミンC・Eの約400倍の「抗酸化力」、ブドウ糖をすばやくエネルギーに変える「代謝力」は、以前から欧米では注目され、ダイエット・美容・健康分野で人気を集めています。

ビタミンC・E の400倍の抗酸化力で、【美肌を!
αリポ酸

αリポ酸(アルファリポ酸)の抗酸化力は、ビタミンC、Eの400倍!肌の老化原因である活性酸素を除去します。またビタミンEと比べて分子が小さく、水にも脂にも溶けやすく、吸収されやすいのが特徴。
小さな傷や目の下のクマを目立たなくする、シミ・シワを薄くする、血行をよくし肌のくすみを改善する、開いた毛穴を小さくキメ細かな肌にするなどに、パワーを発揮すると言われています。


細胞レベルからお肌を変える!

お肌は細胞の「新陳代謝」が早い場所。細胞が活性化されていないと、スグに表面に現れます。αリボ酸は細胞の要であるミトコンドリアを活性化する働きを持ち、
細胞レベルから「新陳代謝」を活発にすると言われています。


糖質の燃焼効率を高めて【ダイエット!】

αリポ酸には、ミトコンドリアという細胞内のエネルギー生産工場にブドウ糖を積極的に届ける働きがあります。つまり食べたものをキレイに燃焼させ脂肪として残さない働きで、ダイエットに効果的と言われています。

※太るメカニズムは、食べたものがエネルギーとして消化しきれず、脂肪として蓄積されること。『αリポ酸+E』で燃焼効率を上手に高めて、
リバウンドしにくい体を作り、キレイに痩せましょう!

※αリポ酸は細胞内のミトコンドリアの働きを活発にするため、体全体の「新陳代謝」を高め、基礎消費カロリーの上昇も期待できます!


驚異の若返り、【アンチエイジング】効果を発揮!
お肌だけでなく体の老化は、体のサビ(酸化)と深く関わりを持っており、細胞レベルからの改善が必要!αリポ酸の「抗酸化力」はビタミンC・Eの約400倍!さらにビタミンC・Eよりも長時間、「抗酸化」を持続させる働きがあり、若返り(アンチエイジング)にかなりの効果を発揮すると言われています。 
※αリポ酸の「抗酸化力」によるアンチエイジング効果はまだまだ計り知れず、体の様々な箇所に働きかけます。
 
脅威の若返り(アンチエイジング)を発揮!
  その他の効果
疲労回復!
αリポ酸は「エネルギー代謝効率」を高めることから、食べた物を効率よくエネルギーに変え、 疲れにくい体を作ると言われています。また疲れやすい人は、αリポ酸で体にエネルギーが沸いてくると言われています。
老化防止!
αリポ酸は、体内で糖とタンパク質が結合する「糖化」という老化反応を防ぐ働きがあり、体内の糖分をエネルギーや脳の活動に効率よく使うように働きます。
糖尿病、血糖値の安定!
αリポ酸には糖分とたんぱく質の結合を防ぐ「抗糖化」作用があり、血糖値が安定しやすくなります。以前は代謝改善ビタミン(補酵素)として肝臓疾患や糖尿病薬品として用いられていた程です。
肝機能を強化!
αリポ酸には肝臓の働きを強化する働きも持つ事から、以前より医薬品として食中毒や金属中毒の解毒剤として使用されてきました。
ボケの防止に!
αリポ酸は栄養が脳にまで到達する数少ない成分の一つです。脳内まで「抗酸化作用」が働き、ボケの改善にも役立つと言われています。 
αリポ酸の注目される働きは、ほかに並ぶものがないほどの強力なアンチエイジング(老化防止)。そしてもう1つが、糖(ブドウ糖)のエネルギー変換効率を上げ、リバウンドのしづらいカラダを作るダイエット効果だと言われています。

−αリポ酸−:抗酸化力を長時間持続
★αリポ酸にはビタミンC、Eの400倍という強力な抗酸化作用がある上、元気のなくなったビタミンCやビタミンEなどの抗酸化物質を再び活性化させ、抗酸化力を長時間持続させるといわれています。


−αリポ酸−:抗酸化剤を再活性化し再び蘇らせる
★αリボ酸には、体内で使われて酸化したコエンザイムQ10やビタミンC・E、グルタチオンなどの抗酸化剤を再活性化し再び蘇らせる働きがあると言われています。


−αリポ酸−:体内のあらゆる所に行き届きます
☆αリポ酸は分子量が小さいため、行き渡りにくい脳にも届きます。また水にも脂にも溶けるので吸収率も良く、体内のあらゆる所に行き届きます。


−αリポ酸−:食品には少量しか含まれていない
☆αリポ酸は体内でも微量に合成されますが、年齢と共に減少。食品には少量しか含まれていないので、サプリメントで摂ることが望ましいとされています。 


−αリポ酸−:1日200〜300mgを摂取する必要がある
☆アルファリポ酸(αリポ酸)の十分な活性酸素抑制効果を発揮するには、1日200〜300mgを摂取する必要があると言われています。しかし食事から摂取できるαリポ酸は微量のため、サプリメントによる補給をお勧めします。


αリポ酸へのQ&A
αリポ酸は昨年の6月に食品として認可されたばかりの成分ですので、解らない事も多いはず!そこでαリポ酸についてよくあるご質問をまとめてみました!
Q,アルファリポ酸は薬ですか?
A、アルファリポ酸は薬ではなく、保険機能食品です。
2004年6月まで医薬品としてしか使用が認められていなかった成分です。


Q、いつ飲めばよいですか?
A、特に定められていないのですが、アルファリポ酸は食事と一緒に摂ると吸収率が落ちるため、食前30分前位にお飲み頂くと効果的です。


Q、副作用はありませんか?
A、アルファリポ酸による副作用はありません。安心してお召し上がり頂けます。


Q、他のサプリとの併用は?
A、アルファリポ酸と併用して問題となる成分はありません。現在ご使用頂いているサプリと併せてご愛飲下さい。


Q、コエンザイムと働きが似ていますが違いは?
A、アルファリポ酸とコエンザイムQ10はアンチエイジングサプリとして働きが似ています。 コエンザイムは特に下半身の血流改善に優れているため、足のむくみ等には効果が期待されます。 ただコエンザイムは脂溶性で吸収率が悪いという欠点があります。 アルファリポ酸は他の抗酸化物質とは異なり、水溶性であり脂溶性であるため吸収率が高いのが特徴。またアルファリポ酸は、使い切って酸化したコエンザイムを再活性化して再利用する働きも持っています。 コエンザイムQ10より知名度が低い理由は、つい最近まで医薬成分として取り扱われていたためです。


Q、抗酸化サプリで話題になったピクノジェノールとの違いは?
A、抗酸化作用を持つピクノジェノールはビタミンCの20倍 、ビタミンEの40倍の抗酸化作用を持つと言われております。これに対しアルファリポ酸は、ビタミンC・Eの400倍もの抗酸化作用を持っていると言われています。


Q、アルファリポ酸は普段の食品では何に含まれているの?
A、アルファリポ酸は、じゃがいも、ほうれん草、ブロッコリー、レバー等に含まれていますが微量しか含まれておらず、一日に必要な摂取量をとるためにはサプリメントで補うしか方法がありません。


Q、アルファリポ酸を飲んではいけない人は?
A、妊娠・授乳中の方はアルファリポ酸のご利用をお控えください。


                                α リポ酸ページへ
その他α リポ酸商品はこちらから
α-リポ酸通販 夕亜♪ある○るで話題のアルファリポ酸にビール酵母配合!【大海(やまと)ショップ】
【α-リポ酸
「万能の抗酸化物質」と言われるα-リポ酸を1粒あたり50mg配合!これにビール酵母、ビタミンEを配合した栄養補助食品です。原材料は、国産の最高級のものを使用

【αリポ酸 コエンザイム配合】通販 ●3月23日発送予約分●【問屋さん.net】

【αリポ酸 コエンザイム配合】
医療機関でのみ許されていた「体内代謝の切り札」「驚異の抗酸化力」と言われる成分!
体脂肪を減らす救世主と評判の αリポ酸とLカルニチンの最強タッグ【ハイパースリムキューブ】通販【これこれ倶楽部】

【ハイパースリムキューブ】

体脂肪を減らす救世主と評判の αリポ酸とLカルニチンの最強タッグ。大豆ペプチド、もろみエキスも入ったダイエット・アンチエイジングサプリの決定版
にきび・にきび跡解消対策
 目の下のくま解消対策
美肌スキンケアKirei-net
足痩せセルライト解消対策
赤ら顔解消化粧品
二重まぶた形成化粧品




Essence Plus サイトマップ


■ トップページ
Essence Plus サイトマップ
美容CONTENTS ダイエットCONTENTS サプリメントCONTENTS 健康CONTENTS



FC2 [PR] キャッシング 冷え対策 ヤスオク 動画 無料レンタルサーバー SEO